5月27日(日)13:00より、本校国語科主催のイベント「みんなで歩こう、賢治先生のサッポロ」が実施されました。

このイベントは、生徒と教員による賢治探究チームが編纂した副読本『青の旅路 ~宮澤賢治と北海道~』の発刊記念として企画されたのものです。

先日の朝日新聞での報道もあり、一般の参加者と本校関係者含め総勢50名での実施となりました。

まずは、赤レンガテラスに集合し、北大植物園に移動、そこから大通西6丁目の開拓紀念碑と、賢治ゆかりの地をみんなで散歩しました。

HBCのカメラクルーも入っていたため、通行人も「なんだ?なんだ?」と説明を聞き出し、大通西6丁目ではいつの間にか謎の大集団が出来上がっていました。

その後、西13丁目の札幌市資料館に場所を移し、ワークショップを開催。

一般の方々にも参加していただく形で、宮澤賢治の「札幌市」の解釈を学び、本校生徒によるプレゼン、そして本校教諭による新解釈のプレゼンと、大変盛りだくさんな内容となりました。

当日の模様は、本日18時15分~HBC「今日ドキッ!」にて放送される予定です。

HBC「今日ドキッ!」

是非、ご覧ください!

 

一般の方々と、教員と、生徒が、みんな一緒になって学ぶ姿。

イベントを実施して感じたことは、これがまさに生涯教育であり、これが学校のあるべき姿であるということです。

今後も、一般の方へ開いたイベントを企画していきますので、その際は是非ご参加ください!