2月24日(金)5・6時間目に、1年生を対象として体育館でカタリ場を行いました。

カタリ場とは、「NPO法人いきたす カタリバ北海道」が行っている、高校生を対象に、大学生のボランティアスタッフと約2時間本音で語り合う授業のことです。

実際の授業の前から、カタリ場に向けた事前アンケートを1年生に取ったり、スタッフの方々が来校して1学年の先生方と打合せを行ったりといった準備をしてくださり、当日を迎えました。

当日は、1年生が体育館に入場する段階から全て大学生スタッフの方々が運営してくださり、1学年の先生方は上から様子を見させてもらいました。

最初は「めんどくさい」などと言っていた生徒も、緊張して強張った表情をしていた生徒も、スタッフの方々と関わっていく中で、次第に良い表情へ変わっていき、真剣な表情で大学生の話を聞いたり、笑顔で話し込んだりしていました。

また、3年前に本校を卒業した大学生たちが現在カタリバのメンバーとして活動していて、今回の授業にも来てくれました。

彼女たちの高校時代の話や、現在の大学生活の話などもしてくれて、今の1年生にとって非常に良い刺激になったようです。

2時間の授業終了後には、「楽しかった〜」や「もっと先輩と色々話したかった」、「先輩と色んな話ができて良かった」という感想を言っている1年生が多く、充実した2時間になりました。

 

DSCF1073 DSCF1031 DSCF1029 DSCF0732