新陽高校の教育

教育目標

ICT教育

ICT教育とは、情報通信技術(ICT)を教育で活用することです。技術が進歩し、今後は情報活用能力が重要になってきます。
教育におけるICT(情報通信技術)の活用は、生徒の学習への興味・関心を高め、分かりやすい授業や主体的・協働的な学び(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)を実現する上で効果的であり、確かな学力の育成に資するものです。


一人一人の個別学習、皆で学び合う協働学習にも最適!

ICTを活用することによって、一人一人の子供たちの能力や特性に応じた「個別学習」や、子供たちが教え合い学び合う「協働学習」の効果的な実施が可能になります。

入学者全員にiPadまたはタブレットPCをプレゼント!!

教科書の枠を飛び越えて、自主的な学びのために授業や自宅学習で1人1台タブレットPCを利用!学内Free Wi-Fiなど、あなたの学びをサポートする道内の高校でトップレベルのインターネット環境があります。また、「教養基礎」という振り返りの授業時間も用意。苦手なところをiPadを使って一人でも振り返りができます。