11月19日(土)山内太地さんの講演会を行います。

11月19日(土)の第三回オープンスクールでは、新しい大学進学のあり方について書いた本「高大接続改革: 変わる入試と教育システム」
がアマゾンでベストセラー第1位になっている一般社団法人 大学イノベーション研究所 所長の山内太地さんによる講演会があります。

高校を卒業したあとの進路について考える時間になると思いますので、中学校3年生とその保護者にぜひ聞いていただきたいと思います。

それになんといっても、山内さんの講演はとても勢いがあって楽しい。
きっとあっという間の時間になると思います。

前日の18日には新陽高校在校生向けにも講演をしていただきます。

 

%e5%b1%b1%e5%86%85

山内太地(やまうちたいじ)
一般社団法人 大学イノベーション研究所 所長

 

 

【略 歴】
1978年 岐阜県中津川市生。1996年 岐阜県立中津高等学校卒、2001年 東洋大学社会学部社会学科卒。ホテル、出版社勤務などをへて独立。理想の大学教育を求め,47都道府県14か国及び3地域の884大学1174キャンパスを見学。日本国内の4年制大学786校をすべて訪問(2014年度現在)。北はケンブリッジ,南はジャカルタ,西はリスボン,東はマサチューセッツ州まで足を運ぶ。教育問題を専門に執筆活動等をする。高校生・大学生の進路指導から大学の経営・入試広報まで講演を多数実施。

【著 書】
『真実の大学案内』東京図書出版会,2000
『下流大学に入ろう!』光文社,2008
『こんな大学で学びたい! 日本全国773大学探訪記』新潮社,2010 3刷
『アホ大学のバカ学生』光文社新書,2011 4万5千部
『22歳負け組の恐怖』『東大秋入学の衝撃』中経出版,2012
『大学のウソ 偏差値60以上の大学はいらない』KADOKAWA,2013
『就活下剋上 彼らはなぜ三流大学から一流企業に入れたのか』幻冬舎,2014
『時間と学費をムダにしない大学選び2015』中央公論新社,2014

【取材・掲載・原稿執筆など】
朝日新聞、読売新聞、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド、AERA、週刊朝日、サンデー毎日、プレジデント、プレジデントファミリー、女性自身など多数。

【テレビ・ラジオ出演】
フジテレビ、TBSテレビ、日本テレビ、毎日放送、TBSラジオ、NHKラジオなど。