安田文子さんとユジノサハリンスク室内オーケストラの皆さんと吹奏楽部のコラボ演奏会

金曜日に引き続き本校講堂でコンサートを行い総勢100名の来場があり、たいへん盛り上がりました!

演奏後は澄川第8町内会の方々がカレーを作って下さり、美味しくいただきました!ご来場してくださった皆様ありがとうございました!

 

 

 

【2018/10/9】

平成30年10月9日(金)札幌新陽高校体育館において【ピアニストの安田文子さんとユジノサハリンスク室内オーケストラのみなさん】をお迎えし、新陽高等学校吹奏楽部との合同演奏が開催されました。

(ユジノサハリンスク室内オーケストラは1999年創設。ユジノサハリンスクの市立管弦楽団として2000年から旭川、函館、函館、札幌、根室などで公演。安田さんは2011年に札幌で初公演。これまで6回共演している。)

   

はじめて生のオーケストラ演奏を鑑賞した生徒からは「やっぱり本物の音は心地いい」「レベルが違う!」という声が多く寄せられました。言葉は通じなくても音楽を通して心は通じ合うことを実感した一時でした。

新陽高校吹奏楽部との「コラボ演奏」では本校音楽科 三浦誠司教諭が指揮をとり、最初は緊張していた吹奏楽部の生徒も次第に緊張もなくなり最後まで立派に演奏をやり抜きました。

このような本物との「出会いと原体験」の機会を設けてくださった【ピアニストの安田文子さん、ユジノサハリンスク室内オーケストラのみなさん】本当にありとうございました!