定期テストに準備は進んでいますか?

受験生のみなさんは定期テストの準備は進んでいますか?

定期テストを今週からスタートする中学校があるそうです。
中3の2学期の成績で新陽独自のランクは計算します。

今週が定期テストの受験生はテスト勉強の仕上げですね。
11月に定期テストの受験生はまだ少し時間がありますが、追い込みに入る時期ですね。

最後の最後まであきらめず、1問でも多く解答できるようがんばってください。
入試では1問の差で合否が分かれてしまうこともあります。
だからこそ、【本気で挑戦する】
そんな気持ちをもってテスト勉強にはげんで欲しいと思います。

くり返し学習するというのはとても重要なことですが、
ただ闇雲に勉強しても効果が上がらないことがあります。

受験生を本気で応援している新陽高校から
定期テストにむけて大事なアドバイスが3つあります。

本気で挑戦する人の母校

①目標の確認!

取り組むからには結果につなげたいですよね。
点数は取れれば取れるほど嬉しいものですが、それでは偶然にしか過ぎません。
今回の定期テストで何点を目指すのか
そこをしっかり考えて目標を立ててください。
平均点以上なんて曖昧なことは言わず、

どの教科で何点とる
総合点は何点を目指す

そこをしっかり設定してください。
そうすることでより何を強化して取り組むかも見えてきます。
そして、達成できた時にはあなたの揺るがない自信になってくれます。
まだ目標を立ててない人は目標を立てましょう。
目標のある人は今一度、目標の確認をしてください。

 

②集中すること!

テスト勉強をしているみなさんは、もちろん集中してやっていると思います。

「アドバイスが集中?すでにやっているよ。」
と感じた受験生もいるかもしれません。
ここでのアドバイスの【集中することは】それとはちょっと違います。

どの教科に力を入れるか
どの単元を集中して取り組むか

ということです。
定期テストが間近です。
全てをまんべんなくやるのは難しいです。

まんべんなくやって、何となくできた気になっても当日
「これ、出来てたのにどうだったっけ?」
なんて事もあります。

そうなってしまうより、

「ここは完璧!!」

という状態を作った方が目標達成につながります。
定期テストまでの残りの時間、
どの教科・単元に集中するかが点数アップのカギになります。

本気で挑戦する人の母校

③時間の使い方!

定期テストに限らず、これは最重要です。
毎日、何時から、何時間勉強するか決まっていますか?
高得点を取っている生徒さんは時間の使い方が上手です。

食事、お風呂、息抜きのゲーム、友達とのLINE…
それらが終わって残った時間で勉強する…
なんてことはありませんか?

それでは勉強の時間が不十分になりがちです。
睡眠時間を削ってしまうことにもなりかねません。

まずは、自分が何にどれくらいの時間を使っているか知りましょう。
その上で、勉強時間をしっかり組み込んだ1日のスケジュールをたてることが大事です。
疲れや、体調不良で本番に実力が発揮できないのはかなしいです。
万全の状態でテストを迎えるためにも時間の使い方を今から考えていきましょう。

受験に向けてとても大切な定期テストです。

新陽高校受験生のみなさん、
本気で挑戦して1点でも多く点数を取れるようにがんばってください。

ぜひ、合格に向けてがんばってください。