札幌新陽高校「小学生自由研究教室in winter2018」ご参加ありがとうございました!!

12月27日(木)10:30から、夏休みに引き続き開催された「小学生自由研究教室 in winter 2018 」

開催告知をホームページに公開し5日間で定員に達し期待の大きさを感じました。

この教室は「休み中の自由研究が保護者の負担に・・・」

では新陽高校ができることは何だろう?」からスタートしました。

今回は企画・準備・進行ほとんど全てを新陽生たちが行いました。

「何のためにするのか」「何をするのか」「どのようにするのか」

何度も挑戦し失敗し生徒たちが創り上げてきました。

 

生徒の司会で自由研究教室がスタートし、最初はサイエンスショー

そしていよいよ自由研究がスタート

「紙粘土やモールなどで思い思いのものをつくり、ブラックライトを当てると光る!」

小学生の「想像力」と「創造力」の凄さに圧倒されている大人たち

いつの間にか保護者の皆さんもお子さんと一緒に「自由研究」

トイレに行く小学生に付き添っている新陽生

膝をついて子供目線で相談にのっている新陽生

テーブルを回り不足している材料を補充している新陽生

Googleフォームで保護者用アンケートを作成している新陽生

お土産用の「いももち」を焼いている新陽生

飲み物を用意し配っている新陽生

自分たちで企画したからこそ「自由研究教室どうする?」という課題を自分ごととして捉え、自ら考え行動しカタチにしている新陽生たちをみることができました。

自由研究教室終了後の保護者アンケートは

「満足:100%」「また来たい:100%」でした。

また来年の「自由研究教室」にぜひお越しください。

「自由研究に本気で挑戦をするお子さんの姿」を見ることができるのを楽しみにしています。