【緊急】新型コロナウイルス対策として一般入試変更のお知らせ

新型コロナウイルス対策として、新陽高校は急遽

2月20日の前日下見の中止と
21日の一般入試の内容を変更する事を決定いたしました。

中華人民共和国で感染が拡大している新型コロナウイルス

1月28日に北海道でも初めての感染者が確認され、新型コロナウィルス感染症を

「指定感染症」として定める等の政令が決定しました。

これにより新型コロナウイルスは、学校保健安全法に定める第一種感染症となり発症の際には治癒するまで出席停止などの対応が必要になります。

現在、国内では流行が認められていないものの、ニュースで報じられているように日々状況は変化しています。

 

今後のことを考え、今から最善を尽くすことが重要だと新陽高校は考えました。

2月21日に一般入試を受けてくださる受験生のみなさんは、

3月に公立高校入試を控えています。

併願校として新陽高校を選び、受験していただくことを心から嬉しく思います。

 

第一志望校が公立高校である受験生や

合格後に入学校を検討しようと考えている受験生もいるでしょう。

誰もが毎日、プレッシャーのなか受験勉強を頑張っていることとを思います。

 

新陽高校は受験生を本気で応援しています。

だからこそ、3月の公立高校入試も本気で応援しています。

自分の力と今までの勉強の成果をだしきって合格を勝ち取ってほしいと思っています。

 

そのためには健康管理は欠かせません。

まして今回のような緊急事態では特に慎重に対策をすべきと考えています。

人がたくさん集まり長時間一緒に過ごすことは、それだけでリスクがあります。

今年度から開始した当校のディスカッション試験は濃厚接触機会となり、さらにマスクをしたままでは不都合も生じると考えました。

それらを踏まえて、受験生の健康と安全を第一に考えた結果、

2月20日の前日下見の中止し、新陽高校の一般入試の内容を

ディスカッション試験から【個別面接入試】へ変更することにしました。

 

急な入試内容の変更をすることで受験生と保護者、関係者のみなさまを戸惑わせてしまうことに迷いもありましたが、受験生の健康と安全を第一に考えての変更です。

どうぞご理解頂きたく願います。

 

また急な入試方法の変更にともない、受験生が混乱しないよう

入試情報を開示し、対策をとっていただけるよう配慮していきます。

入試情報については後日HPで(13日をめどに)お伝えします。

感染対策としての入試方法変更のため、受験生が一度に集まることがないよう

試験時間帯も4つにわけています。

どの時間帯になるかは中学校、受験生に直接お知らせしていきます。

 

ご理解とご協力をどうぞよろしくお願い致します。

 

受験生を本気で応援!!

新陽高校でした。