AFS留学生(アジア高校生架け橋プロジェクト)の帰国について

本校では国際化に対応できる生徒の育成と

他国の文化を学んだり

多様な価値観を育むために

アジア各国から多くの留学生を

受け入れています。

 

昨年8月26日から本校生徒といっしょに勉強してきた

10人の留学生(8カ国)は、予定を2週間早め、

3月8日に帰国(12:20 新千歳空港発 羽田行便で移動)

することになりました。

3月19日に予定していた送別会を実施出来ず大変残念ですが、

留学生の健康と安全を最優先に考え、決定されました。

 

留学生が新陽高校で学んでいた約7ヶ月間、

配属クラス内だけではなく、

ボランティア活動、部活動、国際交流活動等を通して

新陽生と留学生はさまざまな交流をしてきました。

新陽生は札幌に居ながらにして、

外国(タイ、マレーシア、フィリピン、インドネシア、

パキスタン、インド、バングラデシュ、中国)から

やってきた留学生たちと交流し、

日本とは異なる文化や習慣を知ることが出来ました。

週末や冬休み中はホストファミリーとなって留学生と一緒に

生活することで友人関係を深めた生徒もいました。

こうした異文化体験は生徒たちの大切な想い出になっただけでなく、

今後の人生に大きな影響を与えることになると思います。

 

日本語を学ぶためにはるばるやってきた10人の留学生たちは、

言葉や文化や食べ物も気候も違うこの土地で毎日奮闘しながら

日本語を習得しました。

留学生にとって新陽高校で過ごしたことが、

有意義でかつ良い想い出となってくれれば幸いです。

また、留学生が日本で得た経験を活かして、

将来日本や他の国々との架け橋になってくれることを心から願っています。

 

4月には新たに4人の留学生(3期生)が新陽高校で学ぶ予定です。

新陽高校は留学生と新陽生が共に学び合い

成長出来るような国際交流を目指しています。

AFS International Students (Asia Kakehashi Project) Returning to their own countries

The 10 international students ( from 8 different countries) who have been studying with Shinyo students since August 26 last year will return home two weeks ahead of schedule on March 8.

(They are leaving New Chitose Airport for Haneda at 12:20). 

We are very sorry not to hold the farewell party which was scheduled for March 19, but we are sure that the health and safety of the international students should be the top priority. 

 

During the seven months that the international students stayed at Shinyo High School, they and Shinyo students were able to interact with each other not only through their assigned classes but also through volunteer activities, club activities and international exchange activities. 

While staying at Sapporo, Shinyo students have learned about different cultures and customs from Japan through the interacting with foreign students.

During the weekends and winter vacations, some Shinyo students became the host family so that they could live with international students to deepen their friendship.

 

We believe that this cross-cultural experience has not only become an important memory for the students, but will have a significant impact on their future lives.

The 10 international students who came all the way to study Japanese learned Japanese while struggling every day in this land where the language, culture, food and climate are different.

We would be grateful for international students to have a meaningful and good memory of what they spent at Shinyo High School.

We sincerely hope that international students will use the experience they have gained in Japan to build a bridge between Japan and other countries in the future.

In April, four new international students will study at Shinyo High School.

We aim to promote international exchange so that international students and Shinyo students can learn and grow together.